年間200冊の読書から日々の学びをシェア

ガクログ

読書

【書評】箕輪厚介、成長の原動力とは?『死ぬこと以外かすり傷』感想

更新日:


SNSでは嘘は付けない。つまり、誰も言わないことを言えるようになるために、誰もやっていないことに挑戦し、誰もしてない経験をし、誰も成しえてない実績を作らなければならないのだ

本文より

ヒットメーカー箕輪厚介

ビジネス書レーベルNewsPicks Book編集長箕輪厚介さんの初の著書。
NewsPicksBookといえば、ビジネス書好きにはおなじみですね。

・多動力
・日本再興戦略
・お金2.0
・人生の勝算
などベストセラーを多数輩出している勢いあるレーベルです。

箕輪さんの活躍はとどまることを知りません。
オンラインサロンの収益が月700万、コンサルは1時間50万円!

社会人になりたてのころは以外にも『ダメサラリーマンの典型』だったようです。
そんな状態から、いかにして売れっ子編集へと駆け上がったのでしょうか。

詳しくは本書を手に取ってみてください。

死ぬこと以外かすり傷を読むと

・ダメサラリーマン → 売れっ子編集。成長の理由がわかります
・ヒットメイカーの思考をインストールできます

死ぬこと以外かすり傷を読んだ方がいい人

・NewsPicksBookの本が好き
・意識は高い方

死ぬこと以外かすり傷の主な内容

・モノの考え方
・商売のやり方
・個人の立たせ方
・仕事のやり方
・人間関係の作り方
・生き方

死ぬこと以外かすり傷を読んだ感想

僕は僕が作った本によって、できている。

本文より

元々著者の作る本が好きだったので手に取りました。

NewsPicksBookの本ってスラスラ読めるんですよね。

内容が薄いという意味ではなく、ワクワクするので中断せずに読み通せるんです。
飽きさせない工夫というのは編集の技量が問われるところ。

例に漏れず本書も一気に読了。

考え方はもちろん勉強になったのですが、作家たちとのエピソードが随所に盛り込まれていたのがよかった。

前田祐二、落合陽一、秋元康。
これらの人を見て箕輪さんはいつもこう感じるそうです。

「これだけ血の滲むような圧倒的努力をしていたら、そりゃ成功するに決まっているわ」

結局、どれだけ努力できるかが大切なんですよね。
勇気がもらえる熱い本でした。


-読書

Copyright© ガクログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.