読書

社会人の読書量が少なすぎる件。あなたは上位何%?【2020年最新版】

更新日:

あなたは1ヶ月にどれくらい本を読みますか?

他の人がどれくらい読んでいるのかって結構気になりますよね。

この記事では文化庁が2019年10月に発表した『国語に関する世論調査』の結果から社会人の読書について見ていきます。
(調査対象は16才以上なので結果には一部学生も含まれます)

(全ての調査結果はこちらから→国語に関する世論調査

およそ半数は1ヶ月に全く本を読まない

グラフの青が1ヶ月に全く本を読まない層を示しています。

その数なんと47%。

約半数が1ヶ月に全く本を読んでいないという結果でした。

月に1,2冊しか読まない人を「ほとんど読まない人」と定義して合わせると、8割以上が読書に馴染みがないという結果に。

週1.5冊で読書量上位5%に入れます

調査から分かる通り、月に6冊読めば上位5%くらいに入れます。

週に1.5冊と考えると、なんだか簡単にできそうな気がしませんか?

200ページくらいのビジネス書なら、1冊読むのに個人差はありますが大体3時間くらいでしょうか。

平日30分、休日1時間くらい読めば十分に到達できそうです。

その1日30分を捻出するのが大変なんだよ・・・と思うかもしれません。

継続して読書するには意思の力だけでは難しく、いかに習慣化するかが大切です。

読書を習慣化するコツについてはこちらにまとめました。

この方法で実際に年間100冊以上読んでいるので、是非参考にしてみてください。

まとめ

この記事では文化庁の国勢調査結果をもとに、日本人の読書量についてまとめました。

結果によると、半数は本を全く読まず、8割くらいの人がほとんど本を読んでいないようです。

読書にリソースを割くのは、周りの人に差をつけるのに最もコスパの良い投資だと色々な方が言っています。積極的に取り組みたいものですね。

そして、本を読んだらアウトプットも重要です。

それはわかってるけど長続きしなくて・・・という人は以下の記事もあわせてどうぞ。

-読書

Copyright© GakuLog , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.