年間200冊の読書から日々の学びをシェア

ガクログ

Uncategorized

メルカリ便の発送はPUDOが超便利!

更新日:

メルカリは手軽に送れることにかなり力を入れてます。

今でこそメルカリ便はコンビニや郵便局から送れるようになりましたが、当初は自分で宛名を印刷して貼り付けて送ってました。
今じゃ考えられませんね。

そんなメルカリですが、メルカリ便がPUDOから送れるようになったというお知らせが。

僕は思いました。――PUDOってなに?

よくわからんものは使う気になれません。
お知らせを潔く無視してコンビニ発送。
今日も元気にコンビニ発送。

今回、家の近くにPUDOが設置されているのを発見し、気まぐれで使ってみました。

これ、最高です。
今後PUDOを使わない理由は見当たりません。

この記事ではPUDOってなに?という話からPUDOの使い方、使ってみて気づいたことをまとめました。

本当に便利なので、この記事を読んでぜひ使ってみてください。

PUDOってなに?

PUDOは全国に約3200箇所(18年11月時点)設置されている宅配ロッカー
駅やスーパーの駐車場などで見かけることが多いです。
設置箇所は順次拡大中。現在はもっと増えていますね。
設置箇所はここから見れます→http://packcity.co.jp/map

2019年1月現在の首都圏はこんな感じ

メルカリ便でPUDOを使う方法

使い方はラクラクメルカリ便を選んで出品するだけ。
以下で売れた後の流れを簡単に見ていきます。

1. 梱包
2. PUDOに持っていく
3. メルカリで「PUDOから発送」を選択
4. QRコードをPUDOに読み込ませる
5. 案内に従ってパネル操作
6. ロッカーが開くので商品を入れて閉める

普段からコンビニ発送とかやっている人だと難しいことは特にありません。
出品初心者の方やもう少し詳しく知りたい方はメルカリの説明ページを参照してください。

PUDOのメリット

少ない手間で早く送れるのが1番大きなメリット。
慣れれば1件1分未満で送れると思います。

僕は普段コンビニ発送なのですが、一番困るのが複数発送
本を3箇所に送る場合などです。

不安は2つあります。
1.時間がかかるので後ろに人が並ぶと焦る
2.送り先を間違えそう


特に送り先を間違えてしまうと各方面とのやり取りが発生し非常に面倒
バーコードと荷物のペアは何回も確認する必要があります。
僕はボールペン持参で荷物とバーコードに書き込んでました。

そこまでやっても、不慣れな店員さんに当たるとバーコードから送り状を出すところでゴチャついて混乱します。

自分以外が関わってくるとそれだけ複雑になりますし、ストレスも受けます。

無人のPUDO発送はこの2点を解消してくれます。
コンビニ発送に戻る気にはなれません。

今後PUDOで困りそうなこと

今回はトラブル無く発送できましたが、以下の3点は今後起きる可能性が高いと思いました。

1.ロッカー埋まってた
発生率高そう。
別のPUDOがない場合はコンビニ発送に切り替えられるのだろうか。

2.違う商品を入れちゃった
一度閉めちゃうと開けられないと思います。
PUDOの管理会社かメルカリに問い合わせないといけなさそう。

3.荷物入れてないのに閉まっちゃった
強風でパタンと閉まった場合どうすれば良いのか。
こちらもメルカリにお問い合わせコース。

まとめ:メルカリ便使うならPUDOオススメです

メルカリ便をPUDOから送ってみて気づいたことを中心にお伝えしました。
短時間でストレス無く送れるのが素晴らしいです。

僕は近所にPUDOが設置されているので、積極的に使ってこうと思います。

みなさんも近所にPUDOがあったら使ってみてはいかがでしょうか。

-Uncategorized

Copyright© ガクログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.